Q&A(よくあるご質問)

お薬の服用・保管について

水以外で、お薬を飲んでもよいですか?

お薬は原則的に、水かぬるま湯で服用してください。 また水の量が少ないと薬が溶けにくく、のどの途中で薬が止まり、腫れたり痛くなる可能性があります。酸味のあるジュースやお茶、牛乳などで服用されると薬の吸収が遅くなったり、薬の効き目が弱くなるお薬もあります。

こどもが薬を飲む際に、何かと混ぜて与えてよいのですか?

こども用の薬は、飲みやすいものに混ぜてもかまいません。 しかし、まれに飲み物、食べ物によっては苦みがましたり、効果が弱くなったすることがあります。お薬をもらわれる際は薬剤師にご確認ください。

こどもが薬を飲みたがらないのですが、どうすれば…

お子様の薬も水かぬるま湯で服用するか、もしくは溶かして服用してください。ただし、溶かした際に苦みが増すもの、また溶けにくいものには注意が必要です。詳しくは薬剤師に相談ください。
味や食感が苦手でどうしても飲んでくれない場合は、ヨーグルトやゼリー、バニラアイスなどの好きなものに混ぜて一度で食べられる量にして飲ませてあげてください。

(赤ちゃんの場合)
少量の水で練ってペースト状にし、上顎やほほの内側につけたり、水やミルクで飲ませてあげてください。また、スプーンやスポイトなどを使用する方法もあります。ミルクに溶かして飲ませる場合は、ミルク嫌いになる場合があるので注意してください。

※まれにヨーグルトやゼリーなどで苦みが増すものもあります。お薬をもらわれる際は薬剤師にご確認ください。

市販の薬を飲んでいるのですが、処方薬を合わせて飲んで良いのでしょうか。

薬によっては成分が重なったり、効果を強めたり、反対に弱めたりすることがあります。 服用される前に薬剤師にご相談ください。店舗にてご相談もいただけますが、お電話でも結構です。 また、お薬手帳を作っておくと飲み合わせをすぐに調べることができますので、お薬をもらわれる際はお薬手帳をお持ちください。

お薬はどのように保管すればよいですか?

お薬は高温・多湿・直射日光を避けて室温の変化の少ない冷暗所で保管してください。乾燥剤と一緒に保管しておくことも有効です。また、薬袋やゆう薬局でお渡しするお薬の説明書も併せて保管してください。なお、一部の水薬、坐薬、点眼薬、インスリン注射薬は冷蔵庫で凍結を避けて保管してください。
もっと見る

読み込み中