採用情報

  • Our Story
  • ゆう薬局を動画で見る
  • 福利厚生
募集要項
新卒者
(薬剤師・総合職・一般職)
既卒者
(薬剤師)
パート・アルバイト
(薬剤師)

こちらもチェック!

新卒薬剤師・一般職・総合職の
エントリーはこちら

マイナビ2018

エントリーシートダウンロードはこちら

新卒薬剤師のエントリーはこちら

めでぃしーんねっと2018

キャリアパスの紹介

選べるキャリアプラン

仕事とプライベートのバランスをとった働き方。自分で考えて行動し、優先すべき順序を立てて行動する能力を身につける。働きやすい環境を整えることで地域社会とのつながりを生んでいくことにつなげていく。

個人ではなく「人と人」「仕事と仕事」をつなぎ、社内のメンバーをまとめる役職者を目指す。社内職員だけでなく、他職種のマネジメントも行える人。コンサルテーション能力を学ぶ働き方。

薬剤師としてのスキルを磨く働き方。病態・治療法の学習、保険学習、在宅スキル、コミュニケーションスキル等、様々な業務を通して薬局薬剤師としての専門性を高める。

野村 智恵子さん 中途採用社員インタビューワークライフバランス

働きやすい制度とチャレンジしやすい環境。
仕事・家庭、共に充実できる会社に出会えて良かった。

野村 智恵子さん

府庁前ゆう薬局 勤務

結婚を機に金沢から京都へ。そこでゆう薬局と出会い、入社。育児と仕事を両立し、充実した毎日を過ごしている。趣味は料理で「最近はピザ作りに凝っています。実は専用のピザ釜も作ったほどです」とのこと。

薬剤師として新しい可能性にチャレンジできる会社です

Q.転職でゆう薬局に入社された経緯は?

ゆう薬局に入社する前は金沢市の病院で病棟薬剤師として仕事をしていました。医師と相談しながら入院している患者様に深く関わっていくことが仕事の特徴としてあげられます。逆にいまの調剤薬局では幅広い患者様と接することが日常です。それだけ薬に関する多様な知識も求められます。薬剤師として新しい可能性を追求しやすいと言っていいでしょうね。

Q.ゆう薬局への入社を決めた理由は何だったのでしょうか?

漢方薬に興味があって、一度、生薬を扱ってみたいと思っていたんです。京都に住むことが決まったとき、薬剤師の仕事を探したところ目にとまったのが「ゆう薬局」。京都に数多くの薬局を展開していて、それぞれに専門性を備えているという点に興味を持ちました。生薬を扱っている薬局も含まれていたのが決め手です。
最初はろっかくゆう薬局に勤務していましたが、いまは異動で府庁前ゆう薬局に。ここは先端医療に関わりのある薬を主に扱います。先ほども申し上げましたが、薬剤師として新しい可能性にどんどんチャレンジできる環境は入社後に実感している魅力ですね。

仕事風景

野村さんが仕事で大切にしていることは「患者様一人ひとりに向き合うこと」。接する時間がたとえ短くても、患者様それぞれに合わせた応対を行うようにしているという。そうした真摯な姿勢がゆう薬局への信頼を育んでいる。

仕事と育児が両立できる充実した制度がありがたいです

Q.仕事と家庭の両立はどのようになさっていますでしょうか?

入社4年目に出産をしました。産休・育休を含めて1年半以上のお休みをいただけたことはありがたかったです。いまは時間短縮の勤務で、16時には仕事が終わります。もちろん正社員として勤務しています。
制度をフル活用しているわけですが、これにはやはり周りの理解があってこそ…という面は否定できませんよね。周りが忙しくしているのに先に帰るのは、いくら制度だとしても申し訳なさを感じてしまいがち。ですが、当社ではトップ自らが制度の活用を推進してくれていますし、社員にもそれが浸透しているので気兼ねすることがありません。その意味ではとても働きやすい会社だと思っています。

Q.仕事と育児の両立がスムーズに行えるわけですね。

その通りです。私個人としては、いましかできない育児をできる限り楽しみたいとの思いを強く持っています。子どもだけではなく夫もそうですが、家族と過ごす時間は確保したいし大切にしたい。一方で、薬剤師としても成長を続けたい気持ちがありますので、その両方をかなえてくれるこの会社は本当にありがたいですね。当社に転職を考えている方のなかには、私のようなタイプの人もいれば、そうではない人もいると思います。いろんな志向の方を受け入れる間口の広さが、この会社の最大の魅力ですね。

店舗外観

野村さんの勤務する府庁前ゆう薬局の近くには大きな総合病院があり、先進医療にも取り組んでいる。そのため新薬を扱う機会も多く、薬剤師として先進的な知識を身につけることができる。

堀内 豪さん 中途採用社員インタビュースペシャリスト

在宅医療の充実を! 担当エリア内の病院や
福祉施設等との連携を積極的に推進中

堀内 豪さん

西京・乙訓ブロック ブロック長

大学卒業後、ドラッグストアを展開する大手企業に入社。OTCや調剤を経験したあと結婚をきっかけに関西へ移住。旅行や食べ歩き、買い物、音楽鑑賞など多くの趣味を持つ。

各店舗のマネジメントだけでなく、地域医療関係者との連携も

Q.ゆう薬局に入社した理由を教えてください。

私事ですが、結婚のために関西エリアで就職先を探していました。そのなかで企業戦略として京都でドミナントエリアを拡充し、京都の地域医療を支えている当社が目にとまったのがそもそものきっかけです。また、京都という歴史的な街へのあこがれもありましたね。
入社後は半年間、病院の薬剤部に出向し、そのあと3年目で管理薬剤師に。薬局の立ち上げに関わりながら、薬事関連法規の遵守のための社内プロジェクトリーダーも経験させていただきました。現在のブロック長のポジションに就いたのは5年目のことです。

Q.ブロック長としてどのような役割を果たしているのでしょうか?

ゆう薬局では複数店舗をグループ化し、ブロックとして管轄しています。私が担当しているブロックに所属しているのは7店舗。それぞれタイプの異なる薬局ですが、各地域で大切な役割を担っています。ブロック長の役割の一つに、各店舗と病院や福祉施設との連携・調整を図ることがあります。例えば、地域医療の充実のために薬剤師が貢献できることに関した広報活動を行ったり、勉強会を開催したり。また、在宅医療への対応にも力を入れています。当然、店舗間の連携を図ることは基本的な役割です。

仕事風景

「薬局運営に関する経験を重ねて知識を深めると同時に、より地域に貢献できる人材になりたいですね」と語る堀内さん。将来的には薬事関連法規を遵守するための管理部署で活躍したいと希望を抱いている。

一人ひとりが主役として、やりがいを味わえる職場環境が整っています

Q.仕事のやりがいを感じるのはどのようなときでしょうか?

私は仕事というものは、当たり前のことを当たり前にこなした上で、プラスアルファの部分に喜びを感じるものだと考えています。日々のルーティンワークこそが基本。そこをおろそかにしてやりがいは得られないのではないでしょうか?
そのなかで私がやりがいを感じるのは、スタッフたちの成長する姿を見ることです。現在は、定期的にブロック内勉強会を実施しており、仕事に対する考え方や知識の共有をスタッフたちに働きかけています。その成果を患者様や医療関係者の方たちに受け入れていただけたとき、スタッフたちは自分の成長に手応えを感じ、喜びの表情を見せてくれます。その笑顔を見ることが私のやりがいですね。

Q.御社へ転職を考えている方へのメッセージを。

ゆう薬局は京都という舞台で一人ひとりのスタッフが主役として活躍できる会社です。私は以前、大手企業に在籍していた経験がありますが、そこではスタッフの意見がすぐに店舗に反映されることはありませんでした。
しかし当社ではまったく違っていて、優れた意見ならすぐに採用され、それが全店舗に反映されていきます。もちろん責任も伴いますが、モチベーションを維持しながら仕事に取り組める環境は整っているという点は強調しておきたいですね。

「ゆう薬局のテーマは『つなぐ』。過去と現在と未来、人と人、地域と地域をつなぐ役割を果たすために、存在感を高めていきたいですね」と意欲的な姿勢で日々仕事に取り組んでいる。

宇野 充俊さん 採用担当者インタビューマネジメント

誰もが問題意識を持って仕事に取り組む社風。
だからこそ薬剤師として大きく成長していける

宇野 充俊さん

エリアマネージャー

エリアマネージャーとして店舗全体のマネジメントを行う一方、採用担当者として業務も担うなど多忙な日々を過ごす。趣味はマラソン。京都マラソンには毎回出場しており、「走ることで気持ちのゆとりを取り戻しています」と笑う。

京都の地域医療へ貢献するという使命を全員が共有しています

Q.御社の特長・強みはどこでしょうか?

「京都」という地元に密着した事業展開をしていることです。京都の地域医療に貢献するという使命を社員全員が共有していて「では、そのために私たちがするべきことは何だろう?」といつも問題意識を持ちながら仕事に取り組んでいます。意識的に仕事をするのと漫然と仕事をするのでは内容の質が違ってくるのは当然です。言い換えれば、高い志を持ってみんなが仕事に臨んでいるという点が当社の特長であり強みだと言えますね。

Q.ITを活用した情報共有をしているそうですが?

「Web週報」といって、週に一度のペースで各店舗のスタッフが専用サイトに記事をアップします。全員参加のブログのようなものですね。内容は仕事のことプライベートのこと何でもいいのですが、日常の業務に関することが多くなっています。『こういう取り組みをしたら患者様に喜んでいただけた』『今度こういう勉強会をします』、といった内容です。こうした情報の共有によって業務の改善や応対の質の向上につなげていくことができるわけですね。
実はこの情報共有の試みはすでに15年以上前から行っていました。最初はWebではなく紙を使っていましたが、大きな効果があるのでいまに至っているというわけです。

仕事風景

「社員にとって働きやすい環境づくりを進めていくため、各店舗にはよく顔を出しますね」と宇野さん。コミュニケーションを深くとりながらより良い組織づくりに反映させていくことが、現在の宇野さんの仕事のやりがいだ。

万全のフォロー体制があるので中途入社の方でも安心です

Q.中途入社した場合は、どのようなフォロー体制がありますか?

中途入社と一口で言っても、スキルや経験はさまざまだと思いますので、まず入社後はチェックシートを使って、薬剤師として何ができて何が課題かを明確にします。また、ご自身がゆう薬局でどんなことにチャレンジしたいかといったこともうかがいます。
その後、店舗に配属。課題に取り組みながらスキルアップをしていく一方で、自身のチャレンジテーマにも取り組んでいただきます。その成長のステップは定期的にチェックしながら、そのときどきに応じたフォローをしていきます。その方のスキルや意欲を活かすフォロー体制は整えていますから、その点は安心していただきたいですね。

Q.御社が求める人物像をお聞かせください。

「地域のために薬剤師としてどのような役割を果たしていけるか?」を追求できる方に期待しています。当社では国立大学で講座を設けるなど在宅医療の推進にも力を入れていますから、そうした考えに共感していただきたいのが第一。また、それは薬剤師としての成長意欲にも関わってくると言えますね。
その他に期待することとしては、マネジメント業務にも積極的に携わっていきたいという姿勢もぜひ持っていただきたいと思います。ゆう薬局は組織としての構成を明確にしようとしているところ。組織力強化のためにも活躍していただきたいですね。

各種採用エントリーフォーム

  • 社員希望薬剤師
  • パート・アルバイト薬剤師
  • 薬学生向け公開研修講座