お知らせ

2015.03.30

平成26年度 第2回全体研修を実施しました


【日時】平成27年3月15日(日)9:30~15:30

【場所】グランドプリンスホテル京都

 
ゆう薬局では年に2回、ゆう薬局グループの意識統一の「場」として、全社員を集めた研修および懇親会を行っています。
今回の参加者は320名。うち実習生17名 内定者19名 託児室を利用して8名(と11人の子どもたち)。
みんなでゆう薬局グループが向かっているベクトルを認識し、ゆう薬局グループビジョンを再確認し合いました。


研修に先駆け、勤務10年になる10名の永年勤続表彰と全体講演を実施しました。

zentaikouenn
全体講演後は、各自が希望した分科会へ参加しました。

今回の分科会テーマは6つ。

~「認知症サポートキャラバン」(サポーター認定講座)~

京都長寿健やかセンターから講師の方をお呼びし、認知症という病気の種類について、そして、認知症によっておこる症状、行動についての解説、場面を再現したシミュレーションに対する意見発表等を行いました。
認知症の方に対する対応の方法や、また困られていた場合に、どのようにお声掛けするとよいかを知ることが出来たので、勤務中のみではなく普段の何気ない時にも、今回教えていただいた内容を頭に置いておき、認知症の方の手助けができれば、と考えています。


~アロマテラピー~

介護・医療臨床メディカルアロマテラピー アグライアの代表取締役、玉野純子様を講師にお呼びしました。約30種類のオイルの中から、リラクゼーションや肩こり、腰痛などの作用に応じたものや、自分の好きな香りなどを選び、調合して自分だけの香りのアロマオイルの作成し、そのアロマを用いたリンパマッサージを教えて頂きました。自由に香りを選ぶことが出来、とても和やかな雰囲気でした。

(注釈)
(1)アロマテラピーとは、香りを嗅いだりオイルを使ってマッサージしたりすることで心身の不調を癒し、健康維持に役立てる療法です。最近では、病院や薬局などの医療機関でもアロマを取り入れているところが増えてきています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

~笑顔のチカラ~

笑顔アメニティ研究所代表の門川義彦先生をお呼びし、明るく元気!スマイル溢れる薬局を作りましょう!と参加者全員、徹底的に笑顔の練習を行いました。「わりばしストレッチ」に「ハッピー体操」など先生考案の最高の笑顔を作る訓練を何度もダメ出しという名の激励を頂きながら頑張りました。安心安全は当たり前。ではどのように差別化するのか。それは相手を幸せな気持ちにする笑顔から。これからはビッグスマイルで患者様をお迎えしようとスタッフ一同気持ちを新たにしたのでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

~薬膳実習~

新宅先生をお呼びし、4つのグループに分かれて薬膳スープを作りました。
薬膳というと生薬が入った食事で「美味しくない」「苦そう」というイメージがありますが、使用する食材は意外とどれも身近にあるものばかりで、生姜やきのこ・トマトなどを使用したスープと、山芋・大根などを使用したスープの2種類を作り、どちらも美味しいスープが出来ました。
簡単に作ることができ、体質・症状に合わせて使用する食材を変える事でいろんなスープを作る事ができるそうです。
薬に頼らずに体質・体調を改善できるのが薬膳の魅力だと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

~ディズニーの現場力~

以前も、全体研修で講演していただいた、公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」代表の大住力さんを講師にお呼びしました。
今回はディズニーでの人材育成の考え方を軸に、東日本大震災当日のディズニーではどう対応したのかを参加者が少人数のグループに分かれてディスカッションするというのが、大きなテーマでした。
突然のあの大きな地震、その場にいた沢山のお客様をどうやって避難させたのか?
答えに近づく為のヒントを大住さんがくれますが、私を含め多くの参加者がそのような状況でお客様にどう対応したら良いかを考える機会がなかったのでとても悩みました。
2組のグループがディスカッションした内容を発表し、そのうちの1組のグループの中に震災当日ディズニーにいた人がいました。その方に大住さんが”不安はありませんでしたか”と問いかけましたが、キャストのみなさんのおかげでその場での不安は無かったが、ディズニーランドをでて家まで帰れるかどうかが不安だった、とおしゃっていたのが印象に残っています。
今回の分科会に参加して、マニュアル・チームの常識・何をどういう順番で伝えるか・自分の役割等、話を聞くだけではなく考えながら、今の自分にも当てはめながら参加した分科会になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

~在宅基礎研修(五感で感じる在宅訪問)~

エーザイ㈱のご協力にただき、在宅対応の経験が少ない薬剤師・一般職の方々対象の在宅訪問基礎研修を実施しました。
訪問準備~実際の患者対応~報告書作成までの流れを映像ベースに参加者で討議する“参加型研修”で、実際に在宅業務を行っている薬剤師がその経験をシェアしながら研修会は和気藹々とした雰囲気で進行。自身の介護経験での不安や業務内での悩みを共有する場面も多く見られました。
【参加者アンケートより抜粋】
「薬剤師がどのような視点で訪問しているかがよく理解できた(一般職)」
「在宅でも大切なのは薬局で患者さんと接する時の視点と本質的に同じだと実感しました(薬剤師)」



各分科会の後には、H26年度の学会発表を行った、栄養指導の実態調査結果や、など各店舗の取り組みなどを職員が発表し、さらに実習生達が「実習生から見た薬剤師の在宅医療における問題点と課題」を小冊子まで手作りして発表してくれました。

jissyuusei

研修会のあとには懇親会。みんなで感謝の気持ちを伝えあう“サンクスカード”を今回も実施しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ゆう薬局では職員全員が、年間いくつもの研修を重ね、知識・情報・意識を常に前進させています。そして研修によって得たスキルを、患者さま地域の皆さまに還元できるよう取り組んでまいります。