お知らせ

2014.06.27

平成26年度 新人薬剤師研修を実施しました


平成26年6月7日(土) 
ひまわりゆう薬局にて新人薬剤師研修が開かれました。


〈研修の目的〉
♢デバイスの手技などの体験を通じて、より患者さんの目線に立った知識、技能を習得する。

♢薬剤師として学ぶ習慣をつけ、自分で考えることができるよう道筋を立てる。

 

〈実施内容〉
①自己血糖測定器について講義・体験(三和化学)
②各インスリン製剤の特徴、自己注射の手技について(ノボノルディスク)
③糖尿病症例について考える

 


①自己血糖測定について
三和化学さんのご協力により実際に血糖値を測定していただきました。
指先への自己穿刺によりある程度出血させる必要がありますが、針を打つまでにかなり躊躇する姿が多く見受けられました。

これを1日に複数回、毎日行うことには相当のストレスが伴うことが理解できたと思います。



②インスリン製剤について
時効型、速攻型、混同型それぞれの特徴、意義について。
薬局実習等で皆さん1度はインスリン注射に触れたことがあったようです。

空打ち、血液の逆流を防ぐ方法、冷蔵の要・不要、使用する前に混ぜる必要のあるもの・ないものなど、使用に際しての注意点が多く、またリスクも高い薬剤であることを理解し、丁寧な指導、手技の確認を行う必要があります。

 

 


③症例検討
事前に配布した2例について、小グループで検討し、問題点や指導のポイントについて発表していただきました。
患者背景から、それぞれの想像力を働かせて考えてくれたと思います。

実際の業務では限られた時間の中になりますが、注射や針の処方量から見えてくるコンプライアンスなど注意深く観察し、より良い服薬指導へ役立ててほしいと思います。