お知らせ

2019.03.14

CafeLierで弊社管理栄養士が「誤嚥」について講義を行いました!

【日時】平成31年2月19日(火)14:00~15:00
【場所】Cafe Lier

今回は千代川ゆう薬局所属の管理栄養士が「誤嚥について」についてお話をさせて頂きました。

まずは、嚥下能力をチェックをしました。水を口に含んだまま、5秒キープ。合図とともに水を飲みこみます。嚥下能力が低下している人だと、飲み込むタイミングをコントロールできないそうですが、参加された方はしっかり飲み込むことができていました。次に、人差し指と中指を喉ぼとけに軽く挟むように当てたまま、連続して唾液を飲み込みます。30秒間で何回飲み込めるかを数えます。「意識すると飲み込むのが難しく、だんだん唾液が出てこなくなった」と仰っていました。

「誤嚥」を防ぐために、注意したい食べ物と食べやすくする工夫について紹介して頂きました。トーストや焼き魚のようなパサパサしたものは、口の中の水分が奪われてしまうので、トーストにジャムを塗りしっとりさせたり、焼き魚に餡をかけとろみをつけることで飲み込みやすくなります。水やお茶などのサラサラしたものは、とろみ剤などでとろみをつけることで飲み込みやすくなります。その方の噛む力や飲み込む力に合わせること、食材の選び方や料理の仕方を工夫することが大切だと分かりました。
また、「ぱ・た・か」の発音練習で口の機能を高めたり、準備運動をしたり、姿勢を気をつけることも大切だと分かりました。
口の中の菌が繁殖したものが肺へ入り肺炎を発症してしまうことがあるので、口腔ケアがいかに大切かも再確認できました。



原稿作成者:かめおかゆう薬局 谷澤絢菜