お知らせ

2017.09.28

緩和ケアについて講演会を実施いたしました。

【日時】平成29年8月29日(火)14:00~15:00
【場所】Cafe Lire

弊社薬剤師の小林が「緩和ケアについて」というテーマでお話をさせて頂きました。

「緩和ケア」とは、病気に直面するご本人・ご家族が抱えておられるさまざまな問題を早期に発見し、治療を行うことで苦痛を和らげ、生活の質(QOL)の改善を目指すものです。
しかし「緩和ケア」という言葉はまだ浸透しておらず、がん患者のおよそ6割が存在を知らなかったというアンケート結果もあります。いざ病気になったとき急に決めるのは難しいので、こういったサポートが存在することを勉強して、日常的に考えておくことが重要です。

もし、あなたが今がんになったとしたら、大切にしたい事はなんでしょうか。
旅行したい、子供と元気に過ごしたい、家族に手紙を書きたいなど・・・状況によって様々だと思います。参加されていた方にお伺いすると身辺の整理をしたい、家でゆっくり過ごしたいといった意見が出ました。

こうした「希望」は、病気になって動けなくなるとどうしても叶えられないと思い込んでしまいがちです。
しかし医療者に相談することによって、何かの薬で症状を軽くできる場合もありますし、ヘルパーの方と一緒に取り組めばできることもあります。
患者さんとご家族が大切にしたいもの・こと・生活を一緒に考えていくのが緩和ケアです。

私もいざという時のために、家族や周りの人たちと話し合ってみようと思いました。



原稿作成者:千代川ゆう薬局 中島あすみ