お知らせ

2019.01.16

CafeLierで「認知症に役立つ食事」について講義を行いました!

【日時】平成30年12月18日(火)
【場所】Cafe Lier

今回は、「認知症予防」に役立つ食事と、「認知症が発症した後」の食事ケアについて講義を行いました。

認知症の予防に繋がる食事の摂り方はまだまだ議論がなされている最中ですが、生活習慣病は認知症のリスクを上げると言われているので、生活習慣病の予防が認知症予防に繋がっていくと考えられています。また、様々な食品を摂取している人ほど認知機能が保たれやすいことも分かっているので、同じものばかり食べるのではなく、日々いろいろな食品を少しずつ取り入れるのも有効です。

認知症が発症した後の食事に関するつまずきは、人によって様々です。
例えば、お食事中に気が散ってしまい食べ進めることができない場合。その場合は、食器やエプロンを無地のものに変えたり、おかずは一品ずつ出すようにするとスムーズに進むことがあります。
食べたことを忘れてしまい何度も食事を要求してしまう場合。この場合は、食べ終わった後もしばらくは食器を片付けずそのままにしておくと、食事をした認識が出来ることもあります。また、「食欲があるのは良いこと」と割り切って、本人の好物を出し満足して頂くのも良いでしょう。

講義の後は、認知機能を測定できる機械と骨密度測定器を用いて測定を行いました。測定結果を見て喜んでおられる方や、刺激を受けられた方もいらっしゃり、とても盛り上がっていました。
今後も健康サポート薬局として、地域における健康情報発信の拠点となれるよう活動を継続していきます。



原稿作成者:千代川ゆう薬局・管理栄養士 川人咲弥花