Our Storyわたしたちのストーリー

Vol.04 地域で必要とされる
薬剤師に

六地蔵ゆう薬局 薬剤師

桑原 渉2016年4月入社

六地蔵ゆう薬局 薬剤師 桑原 渉 2016年4月入社

ゆう薬局で薬局実務実習を経験。大学院への進路を希望していたものの、
薬局実務実習経験での患者さんとの関わりが大きく影響し、ゆう薬局へ入社。
実習時に指導を受けた先輩薬剤師を自分のなりたい薬剤師像と重ね合わせ、
早く追いつけるようにと勉強の日々。積極的に地域活動へも参加している。

CAREER STEPキャリアステップ

  • 2010年4月

    大学入学

  • 2014年6月

    薬局実務実習

  • 2016年4月

    ゆう薬局入社

  • 2016年11月

    導入研修〜
    現場配属

実務実習の経験で大学院から調剤薬局へ

当初は大学院への進学を志望していたのですが、ゆう薬局での薬局実習を経験し、一気に進路が調剤薬局へと変わりました。実務実習を経験するまでは薬局も病院も同じような仕事だと思っていましたし、自分で考え結論を導くことが好きだったので消去法的にも大学院への進学が第一志望でした。働くイメージがあまりついていなかったんですね。そんな状態で実習を迎え、病院実習もとても充実した内容ではあったのですが、薬局実習で患者さんの生活に入り込んでいく指導薬剤師さんの姿を見て漠然とあこがれを抱き始めたのが転機だったと思います。

先輩から学んだ目指すべき薬剤師像

指導薬剤師さんから教えてもらったことは数え切れないほどあります。カリキュラムの内容はもちろんですが、そこに含まれていないようなことも積極的に教えてくださいました。その中でも特に薬局の外へ出ていく機会にはいつも連れていってくださっていました。薬局薬剤師のイメージが覆るきっかけを作ってくださり、またそれが薬局薬剤師の魅力だと伝えたかったのだなと今になって思います。特に在宅で患者さんのお宅に訪問する際には、本当にたくさんの経験をさせて頂きました。ずっと後ろについていてくださったのですが、在宅患者さんのお宅についたところから家を出るところまで全て任せてくださった事もあります。正直言ってこの経験がなければ薬局薬剤師にはなっていなかったかもしれません。

日々の業務の中で

実習で本当にたくさんの事を教えて頂き、そしてその先輩が働くゆう薬局へ入社することに。働き始めると今度は実習で学んだことがまだまだ実際の現場業務の一端に過ぎないことに気づきました。入社した当初はもちろんわからないことだらけで勉強の日々でしたが、学ぶことだけではなく気づくことも多々ありました。特に感じたのは、思っていた以上に薬が飲めていないということ。薬をちゃんと飲むという行為は患者さんにとって案外難しいことなんですよね。薬の説明だけをするのが薬剤師の仕事ではなく、ちゃんとお薬を飲んでもらうこと。そしてお薬を飲んでもらったその先も継続してサポートすることが薬剤師としての仕事だと改めて感じることができました。

MESSAGEメッセージ

まずは自分が何をしたいと思っているのかを探すことが重要だと思います。私もそうですが、実習を経験するまでは漠然としたイメージのみで、なんとなく大学院への進学を進路と定めていました。でもその思いは上述の通り実務実習で簡単に覆るわけです。私の場合は偶然出会えた部分も大きかったと思いますが、入社する前に「患者さんの生活を支える」ということにやりがいを見出していたことをより実感しているのが現状です。だから研究じゃなくて臨床。病院じゃなくて薬局と選んだのだなと後から自分の選択に納得しています(笑)。出会えなければこの道を選んでいなかったかも、と考えるとやっぱりしっかり考えるべきだったんだなと。就職活動中のみなさんには、いろいろな情報を収集し、その情報を元に自分の価値観で何がしたいかを選んでいただきたいです。いいところ悪いところを比較したうえで、ここで働きたいと思える企業や環境をぜひ見つけてください。