Our Storyわたしたちのストーリー

Vol.03 人と人、
地域と地域をつなぐ。

上京・北大路ブロック ブロック長 薬剤師

伊藤 裕喜2006年6月入社

上京・北大路ブロック ブロック長 薬剤師 伊藤 裕喜 2006年6月入社

大学卒業後、新卒で製薬企業にMR職として入社。
日々の業務の中で、医師や医薬品卸のMSさんらと関わり、充実した日々を送っていたが、
患者さんと直接関わっていきたい、この薬で患者さんが健康になる姿が見てみたいという思いからゆう薬局へ入社。
管理者を経て、現在は数店舗をまとめるブロック長に。

CAREER STEPキャリアステップ

  • 2003年4月

    MR職として製薬会社に入社

  • 2006年6月

    ゆう薬局入社

  • 2009年6月

    福知山で管理者に

  • 2015年6月

    ブロック長に

管理薬剤師へのチャレンジ

入社して数年後、福知山市の店舗へ異動。そこで初めて管理者を務めることになりました。これまでは、外来業務に手一杯で「自分に管理者が務まるのか」と不安もありましたが、先輩の方々から公私にわたり沢山のフォローをして頂き、少しずつ管理者としての自信を持てるようになってきました。管理者としての責任だけでなく、薬剤師としてこれからどうあるべきかなど、色々と話し合うことができました。そんな先輩方との出会いがいい刺激となり、今の薬剤師としての自分の考えの根幹になっています。患者さんや外部の方々との素晴らしい出会いも多くありましたが、何よりスタッフとの関わりを通じて人とのつながりの大切さを感じることができました。自分は一人ではないということ、ゆう薬局にはみんなで協力し合える仲間がいるということを実感することができました。

数々の経験を経てブロック長へ

福知山市で管理者を6年経験。その6年の間には、外来業務、店舗管理業務に留まらず、在宅業務や地域活動などをも経験することができ、地域での薬局・薬剤師の仕事のおもしろさを実感していました。しかし、家庭のことや、今までの経験を活かし、別の地域にも挑戦してみたい気持ちなどが重なり、京都市内へ引っ越すことになったタイミングでブロック長職を拝命。数店舗のマネジメントが自身に務まるのかという不安もありましたが、多くの先輩・後輩に応援の声を頂きチャレンジしてみることに。一店舗だけでなく、数店舗をマネジメントしていくことは大変な面もありますが、非常に充実した日々を送っています。

広い視野でのマネジメント

慣れないマネジメント職に日々奮闘中というところではありますが、気をつけていることは地域のニーズをしっかりと理解すること。そして店舗それぞれの目標設定がずれないようにすること。特に、地域に合わせたコンセプトを掲げ、ブロック全体で地域を支えるということを意識しています。もちろん店舗スタッフの育成や個性を活かした働き方ができる環境づくりも大事だと考えています。それぞれの店舗を回り、スタッフの成長や環境には常に気を配るようにしています。時には厳しいことを伝えなくてはいけないこともありますが、なるべくスタッフ全員が楽しくやりがいを持って働けるように、困ったことがあればすぐ頼られるような存在でありたいと、自己研鑽も怠らないように日々努力しています。

MESSAGEメッセージ

私自身も就職活動中は何がしたいのか色々と考えました。その中で私は最初に製薬企業でのMR職を選びましたが、薬剤師として密接に患者さんと向き合いたいと思い、地域に根差した調剤薬局の道に進むことにしました。ゆう薬局に入社してちょうど10年になりますが、薬剤師としてだけでなく、社会人として成長できる環境にあると感じています。壁にぶつかり、くじけそうになることも何回もありましたが、その都度、周りのスタッフなどと協力し切り抜けることができました。スタッフ間のつながりが強いことがゆう薬局の一つの特徴でもあります。
就職活動は人生を大きく左右するターニングポイントです。だからこそ今のことだけでなく、将来なりたい自分、10年20年先の自分を思い浮かべて、就職活動を行ってみてはどうでしょうか?それにおいて薬剤師を選択される方は、自分がどんな薬剤師になりたいかと考えてみてください。どのような環境であればそれが実現できるでしょうか。ゆう薬局には様々な分野に精通したエキスパートや、店舗業務以外にも様々な業務に携わる薬剤師がいます。意思を示せば色んなことに取り組ませてもらえる風土があるからです。今まだ自分のなりたい薬剤師像が見つかっていなくても、ゆう薬局できっと見つけることができると思います。