お知らせ

2016.08.10

【参加者募集】1Dayインターンシップ!選べる3つのコース を開催いたします

SnapCrab_NoName_2015-11-11_18-9-8_No-00


ゆう薬局1Dayインターンシップ!~薬局薬剤師の職能を知ろう~

実際に地域医療へ大きく貢献している弊社の取り組みを紹介しながら、これからの薬剤師に必要な職能や、求められる姿をお伝えするゆう薬局ならではのインターンシップを開催いたします。
実際に現場で勤務する薬剤師が講師を担当し、それぞれのテーマに沿って地域に根差した薬局の現状を、講義や体験を通して学べる内容です。
参加できるコースは3種類!!複数コースの参加も可能ですので、ご興味のある方はご参加ください!

 

【日程】11:00~15:00(全日共通)
【会場】ゆう薬局本社 (8/20・9/24実施)/ かめおかゆう薬局 Cafe Lier(9/10実施)
【アクセス】ゆう薬局本社:京都市営バス 錦林車庫前 徒歩1分
             京都市左京区浄土寺下馬場町106
      かめおかゆう薬局:Cafe Lier:JR亀岡駅 徒歩10分
               京都府亀岡市余部町清水17


地域医療コース
【日程】8月20日(土)

〈多職種連携の実際を知ろう~チーム医療における薬剤師の関わり~〉
「地域医療そのものへの薬剤師の貢献」において、“薬剤師による在宅訪問” “フィジカルアセスメント”は、あくまでツールのひとつ。それらを活用しながら、丹後・舞鶴エリアが実践している地域医療連携をシミュレーション形式で体感していただきます。実際に現場で業務をしている薬剤師の声を聞きながらの演習で、大学のフィジカルアセスメント実習で学んだ内容が現場業務へと自然に繋がる実感を得ていただける内容です。
※地域医療コースは終了いたしました。

実施レポートがございます。詳しくは下記リンク先からご覧ください。
http://www.uno-upd.co.jp/news/vacancy_info/15321/


地域活動体験コース
【日程】9月10日(土)
〈地域の中での薬局の役割を知ろう~薬剤師の働き方とは~〉
「かかりつけ薬局」「健康サポート薬局」という言葉を知っていますか? 医療の在り方が見直されている現在、薬局・薬剤師に求められる役割は多岐にわたります。こちらのコースでは、その一例として、地域住民の方々への講演や健康サポートイベントを通して地域との関わりを体験して頂きます。さらに、ワークショップを行い、それらの体験を通して感じたことなどを話し合い、理想の「かかりつけ薬局」「健康サポート薬局」について一緒に考えていきます。


地域包括医療コース

【日程】9月24日(土)
〈地域包括ケアシステム~在宅ターミナルケアにおける薬剤師の役割~〉
超高齢社会を迎え、医療の在り方が見直されている現在、薬局・薬剤師に求められる役割とは何でしょうか? 在宅医療の背景にある2025年問題や地域包括ケアシステムなどのキーワードを理解しながら、薬局・薬剤師が在宅医療チームの中で果たすべき新たな役割を一緒に考えましょう。
また、一例として在宅ターミナルケア時の疼痛コントロールに用いられるPCA(Patient Controlled Analgesia ; 自己調節鎮痛法)ポンプなどの医療材料を用いた、終末期の疼痛コントロールについても体験できます。


ゆう薬局でしか学べない内容となっておりますので、この機会にぜひぜひご参加ください!


エントリーはこちらから↓↓
薬学生向け公開研修講座エントリーフォーム

マイナビ・めでぃしーんからでもエントリー可能です。

マイナビ2018 

【募集締め切り】各日程の1週間前まで 


ご不明な点ございましたら、下記の担当者までご連絡ください。
担当者:衣笠(きぬがさ)
電話:075-771-1690
メール:kinugasa@uno-upd.co.jp