お知らせ

2018.07.09

第4回 健康相談会「みんなで生き生き暮らすために!」を開催しました。

【日時】平成30年6月30日(土)14:00~15:30
【場所】古民家カフェ「しおん」
【参加者】近隣の参加希望者 19名

榎原ゆう薬局の近所にある古民家カフェ「しおん」さんにご協力いただき、第4回となる健康相談会を実施しました。地域情報化と高齢者の健康増進を研究テーマにしておられる福知山公立大学の芦田信之教授をお招きし、「五感と認知の機能低下」と題してご講演いただきました。

高齢になったときの問題として、例えば信号無視をするのはそもそも信号があることに気づいていないから、聞こえないフリをしているのではなく本当に聞こえていないのだと説明いただきました。続けて、視覚に関して、利き手ならぬ効き「目」もあるとのことで自分は左右どちらなのか試したり、背景によって同じ色が違って見える「錯覚」に驚いたりして、ものを見るということは脳の認識であると解説いただきました。聴覚については、加齢に伴い聞こえにくくなるモスキート音を流して「ぜんぜん聞こえないわ」といった場面もありました。味覚については、プリン+醤油=ウニの味?や、鼻をつまめばすりおろしリンゴとすりおろし玉ねぎは同じ?といった実験もしました。
    
ちなみに、1.25%食塩水と2.5%砂糖水はどっち?というクイズでは全員が正解でした。

最後にしおん特製のスイーツとコーヒーをいただきながら楽しくおしゃべりして、皆さんに笑顔で過ごしていただくことができました。
次回も地域の方々に楽しんでもらえる企画を考えていきたいと思います。




原稿作成者:榎原ゆう薬局 森本貴美子