お知らせ

2017.11.09

弊社薬剤師が「便秘について」講演を実施致しました!

【日時】平成29年10月10日14:00~15:00
【場所】Cafe Lier

Cafe Lierでは、毎週火曜日に健康に関するイベントを実施しています。
今回は弊社薬剤師が「便秘について」お話をさせていただきました。

そもそも便秘ってどういう状態をいうのでしょうか?
便秘には明確な定義はないそうですが、「便が硬くて排便が困難」「排便してもすっきりしない」といった症状が便秘であると言われています。毎日便通があったとしても、便が硬くて量が少ない場合は便秘として位置づけられますし、毎日出ないから便秘だ!と思っていても、不快感や苦痛がなければ便秘とは言わないこともあるそうです。
高齢になると筋力の衰えや腸の動きが鈍くなり、便秘になる人が増えるので、便秘症にならないためにも普段から便秘について考えておくことが重要です。

便秘になる原因はさまざまあります。
服用している薬の副作用が原因で便秘になっていることもありますし、深刻な病気が隠れていることも少なくありません。
また、便を柔らかくするものや、腸を刺激して便を出す薬など、便秘薬もいくつか種類があり、内服タイプから坐薬・浣腸など、剤形もさまざまあります。どの効能薬を優先して使うべきか、自身の症状に合わせて使い分けることが大切だと感じました。

誰もが一度は経験がある便秘。普段から規則的な排便の習慣をつけるために、毎日決まった時間に一定時間トイレに入る、適度な運動、食事の際には一緒に水分を摂るなど、意識すること、習慣づけることが大切だと感じました。



原稿作成者:中島留美